すべてのインタビューでは、準備を整えて、柔軟に対応することが必須です。 ただし、探査報道の特集記事のためのインタビューには、違うものが必要です。それは、インタビューの方法が違う場合があります。 仕事の性質上、敵意、防御、無口、またはインタビュー相手による忌避にあう可能性が高くなります。

適切なタイミング

探査報道の主要人物といつ対面すべきでしょうか? 早すぎると情報が漏れて、記事を公開する前に、逃げようとしたり、差し止め命令を出されたり、証拠が隠されたりします。 遅すぎると、彼らはすでに逃亡したか、まともに説明していない回答を準備されるとか、追及をかわすための合法的なツールで武装する可能性があります。 経験から言うと、ドキュメントの裏付けや他の何人かの情報源からの追認など、これらの主要人物にアプローチする前にできる限り多くの証拠を集める必要があります。 少なくとも、あなたは自分の記事を書けるくらいの材料を集めておく必要があります。

脆弱性

記事が完璧ではない場合に批判相手にコメントを求めると、彼らは反撃に出ます。 彼らはあらゆる手段に訴えるかもしれません。コメント拒否が相手にとって最も簡単な対応ですが、脅迫も十分ありえます。直接的または法的な脅し、第三者(多くの場合、編集者または発行者)を介したより巧妙な脅迫、そして出版前の訴訟などです。言葉としては「名誉毀損」が実行行為の中心になりますが、実際の名誉毀損訴訟ではほとんどが立証されません。

慎重さ

探査報道は、知られていないものを明らかにすることを目的としています。これは、故意の嘘または故意の不作為の結果である可能性があります。
国会で嘘をついた閣僚や、若い貧しい少女たちの人身売買を傍観した社会を例に取りましょう。 問題の発見は、常に驚くべきものです。インタビューの設定は、慎重に行う必要があるかもしれません。 インタビューで求めていることを最初から明らかにした場合、情報源はあなたと話すことを拒否する可能性があります。 インタビューを行う場所に公共の場を選択した場合、情報源を危険にさらす可能性もあります。

インタビューの戦略化

面接には3つの戦略があります。
非公式または単純な事実調査のインタビューでは、ディスカッション全体を通して質問は中程度の難易度になります。インタビューが進行しても、重要度が高くなったり、デリケートになったり、答えるのが難しくなったりすることはありません。
人物プロファイルのためのインタビューでは、個人に焦点を当てた質問で始まります。どこの学校に行ったのか? 誰と結婚したのか、その理由は? どのように詩を書き始めたのか? これらは「クローズトクエスチョン(選択回答形式の質問)」であり、対象の人の人生についての重要な事実を記入します。
しかし、読者は対象者の見解にも関心があります。 したがって、インタビューは進行するにつれて広範になります。彼らは現代小説の現状についてどう思うのか? 文学賞受賞を信じているのか、そして今年の候補者の作品についてどう思っているのか?トランペットのように、このタイプのインタビューの質問は狭く始まり、広くなり、インタビューが進むにつれてより多くの「オープンクエスチョン(自由解答式の質問)」になります。

探査報道のインタビューは、しばしば反対の戦略をとります。 それは、大きく、一般的な問題についての質問から始まります。例えば、「政府の入札の裁定のプロセスは何か?」、「プロセスは満足のいくものか?」、「政府はそれをどのように監視するのか?」などです。
そしてインタビューが続くにつれて、 質問はより詳細で焦点を絞ったものになります。 最も難しい質問は、イエス・ノー選択式か誘導尋問です。「この特定の契約の場合、入札プロセスを無視しましたか? なぜ?」
このような質問は、情報源が答えることを止め、それ以上の回答を拒否する可能性があるため、最後に質問をします。 インタビューは広い範囲から始まり、範囲を狭めて終わります。