ほとんどのメディアは、こっそり取られた秘密の記録について厳格なルールを定めており、一部の国の法律では違法です。
それでも、それが必要な証拠を取得する唯一の方法である場合があります。 練習は不可欠です! 秘密のカメラを胸にストラップで固定している場合、空や歩道しか見えなければ写真はあまり役に立ちません。 音がこもっていて聞こえない場合は、時間とリソースを浪費したことになります。
秘密のインタビューは、テレビ犯罪ドラマで見るほど簡単ではありません。技術的な専門知識に加えて、話し相手を励まし、必要な情報を伝えるインタビューのスタイルが必要です。 これは非常に形式ばってわざとらしく聞こえると、あなたの戦略が分かってしまいます。

情報源があなたが密かに録音しているのではないかと疑い、率直にあなたに尋ねた場合、あなたは自分を守るためにノーと言う義務があります。
しかし、そのため、素材が使用できなくなる可能性があります。 会話を録音していることを否定した場合、その人物に会話の録音は無いと信じさせてインタビューの継続を「誘導」したとして法的に拘束される可能性があります。 世界中の多くのメディアの弁護士は、公共の利益が優先されない限り、素材の使用に同意するのをためらいます。