多くの場合、取材対象者はマスコミと話すのを恐れる正当な理由があります。 多くの国で、「不忠な」メディアとその通報者は嫌がらせまたはそれ以上に悪いことに直面します。
さらに、取材対象は情報が公開された場合のトラウマを経験していて、追体験することを嫌がるか、また、汚名やゴシップなどのコミュニティからの反発に苦しんだりするのを恐れます。 穏やかに粘り強く説得すると報われるかもしれませんが、多くの場合、嫌がっている情報源にあなたと話すよう説得するには、別の信頼できる情報提供者がその人を説得するのが最も良い方法です。
Find out what the source fears, and provide him as much reassurance as you can in order to conduct an interview. This may mean confirming any safeguards with your editor before you conduct the interview, because you must not make promises you cannot keep.
情報源が何を恐れているかを調べ、インタビューを実施するためにできるだけ多くの安心保証を提供してください。 守れない約束をしてはならないので、インタビューを行う前に編集者に安全策を確認する必要があるかもしれません。

公開についてのインフォームドコンセントを取得する

「インフォームドコンセント」とは、単に情報源に「あなたが言ったことを公開してもよろしいですか?」と尋ねることを意味するのではありません。
これは、あなたの取材対象が、記事公開後に起こるであろうと推察できる結果、リスク、および導入できる(または導入できない)保護手段を理解し、十分な情報に基づいて公開することに同意することを意味します。 怖がらせても、起こり得る結果を隠してもいけません。
多くの人が情報を公開すればするほど、あなたの記事はより堅固になります。会話を通して、情報源との結びつきが堅くなります。何人かの身元が公にできずに終わった場合でも、より正直な会話が可能になります。

同情ではなく共感

取材相手に「ああ、なんて恐ろしい。 かわいそう!」と言うことは、相手を自信喪失させ、不甲斐なく無力に感じさせるかもしれません。
取材対象が自分の物語を安心して語れる空間づくりが大切です。 中立的で・自由な発言を傾聴するスタイルや、思考をまとめ、感情を抑えるための時間が必要です。 定期的に、励ましの相槌をうちます。 頷いたり励ましたりします。 文化的に問題なければ、励ますように手を伸べて、相手の腕を軽くたたくことは何の問題もありません。 あなたの本能に任せましょう。

書くことをいつ終了するか

あなたがメモを取ることに専念していると、情報源は気をそらすことがあります。 質問がデリケートな領域に入る場合は、ただ聞いてください。メモは後でもとることができます。

敬意をはらう

急いで質問をしないでください。また、扇情的に表現することで情報源の回答を悪用しないでください。 取材対象の立場に身を置き、質問が無神経でないように心がけてください。

厳密に

難しい質問を気配りをしながら、しなければならない場合があります。
拷問の犠牲者であると誰かが言ったからといって、それが真実であるとは限りません。 大げさな人や、自分に起こったトラウマについて否定している人に注意してください。 彼らの話の正確さに自信がもてない場合は、彼らの訴えを押し進めないと明言し、他のタイプのインタビューで行うクロスチェックを無視しないようにしてください。


適切な質問をすることで、記事にできるかどうかが決まります。 しかし、読者のためにそれについて包括的に書くことはさらに重要です。 次の章では、説得力のある記事にするために、収集した情報を分類する方法について説明します。