次に、元になる考えに具体的な質問をぶつけます。記事はそれらに答えるものでなければなりません。この方法は効果的です。

  • ! 何がその問題に対する証拠になるかを決める
  • ! 限度と目標を定義して、作業を管理しやすくする
  • ! 他の人にアイデアを伝え、宣伝する
  • ! 時間とリソースをより正確に予算化する
  • ! しっかりした記事の基盤を築く

記事のアイデアから、最終的な記事に向けて複数の仮説または方針を立てます。 たとえば、飲料水を媒介した病気の記事には2つの仮説を立てます。

(A) 水道民営化により貧しい人々にとって水の購入が高価になりすぎるため、彼らは不健康だが無料の水源から水を汲み上げ、それが流行病発生につながっている。

(B) 民間の水道会社は手抜きをし、水質の安全性の基準を低下させ、流行病発生につながっている。

しかし、これらの仮説がどのような前提に基づいているのか、妥当性がどれほどあるのか、批判的に評価することが重要です。
例えば(A)は供給水に汚染があると想定し、(B)は水道会社が水質基準に注意を怠っていると想定しています。しかし、どちらの仮説も流行病の発生源を調べていません。実際には両方の可能性を検討する必要があります。

したがって、はるかに優れた仮説は

(C) X自治体で飲料水が媒介した病気が最近流行しているのは、民営化された上水道供給、または未認定の水源に起因しています。

仮説をよく練り上げると、記事の概要を見直すことができ、より明確でバランスがとれてきます。

(D) 上水道が民営化されているX自治体では、飲料水媒介の下痢の大流行が起こり始めました。 この記事は、その伝染病がどのように始まったのかに迫ります。 それは、人々が民間水道会社の水を買う余裕がなく、代わりに汚染された小川や井戸水を使用しているからでしょうか? それとも、民間の水道会社がコストを削減するために浄水場の水質基準を下げたからでしょうか。 流行の原因については科学者とも議論します。 貧しいコミュニティの人々が毎日水を探している様子を追跡し、独立した専門家と一緒に水道会社の工場に行って安全基準を確認します。 病気がどのようにして始まったのかを証明できたら、再発を防ぐために何をする必要があるかを調べます。

仮説を明確に定義したら、以下を含む取材計画を作成する必要があります。

  • > 情報源を見つける
  • > 証明の基準を作成する
  • > 方法・手順を決定する
  • > タイムラインを作成する
  • > 予算を立てる

この章の次のセクションでは、これらの手順がどのように計画されているかについて概要を説明します。各段階での実行方法については、このマニュアルの次の章で詳しく説明します。

これであなたは、簡潔で力強い見出しで記事をまとめることができるはずです。記事の最終的な見出しではないかもしれませんが、記事の焦点を維持するのに役立ちます。 また、記事の宣伝に役立つだけでなく、ニュース組織による創造的な記事の発表の仕方を考えるのに役立ちます。もちろん、新たな発見があれば変更する必要があります。