記事のための情報提供者たちの属性や背景が複雑で把握しにくい場合、情報源のマップを作成して整理します。さまざまな登場者間の関係を示すために矢印または異なる色を使用します。
奇妙なことが発生した場合、たとえば、木材伐採業者のボスが森林破壊を促進する政治家と関わりがあることが判明した場合など、後でその関係をより詳しく取材するためにメモをとってください。 これは退屈なプロセスに見えるかもしれませんが、社会を監視する番犬としての役割です。声を上げられない人の代わりに仕事をしていることを思い出してください。

ジャーナリストのマーク・ハンターとルーク・センガーズは、効果的にデータをマッピングして整理しています。

  • >   イベントのタイムライン(日付、場所、そこに誰がいたか、何が言われたか、何が行われたかを説明する)を書きます。 この情報を一貫した形式にしておけば、必要なものを簡単に見つけられるようになる
  • >   情報提供者の詳細を含む情報源リストを作成し、この情報を安全に保持します。 連絡をとったときには情報を更新し、まだ連絡する必要がある人がいればそれを書き留める
  • >   さまざまな関係者間の相関図を作成する
  • >   主要なドキュメントのリストを作成し、所有しているドキュメントとアクセスする必要があるドキュメントを表示する
  • >   ドキュメントにインデックスを付け、コンピュータを使用している場合は、その原文の電子的全文版へリンクを貼る
  • >   しっかりと確定された事実はハイライトして強調する
  • >   既に送信した各リクエストの現況をメモする
  • >   アイデアを書き留めるために、常にメモ帳を携帯する