誰でも作業の仕方は違いますが、自分の弱点を見つけて、いずれの段階であっても遅滞しすぎないようにしてください。
例えば、特に取材開始時には、できるだけ多くの本を読みたくなるかもしれません。 しかし読書には時間がかかります。与えられた時間枠の限度を超えて参考文献を更に読み、更に研究するハメに陥ります。
見当違いの記事を除外するためには、キーワードの前後を引用符で囲むなどして、より賢いインターネット検索を実行するとよいでしょう。 また、参照元のウェブサイトをブックマークし、整理整頓された状態を保てば、これらのリンクを再検索する時間を無駄にすることがなくなります。

同様に、頼りにならないたった1人の専門家に期待をかけないようにしましょう。 できるだけ多く当面の問題と密接な関連がある人たちにコンタクト出来るように、網を広く投げてください。このような取材の初期段階では、深く探索するのではなく、広く探索する必要があります。

また、取材の各部分に割り当てる時間を決定するためのタイムテーブルも必要です。 取材が異なる方向に進む場合があります。その時は、前に進む必要があるか、あるいは、必要なものを取得する別の方法を見つけるべきか、この最初のガイドラインを見て、思い出します。