いくつかの基本的な取材を行ったところ、恐ろしいことに、最初の仮説が間違っていることに気付いたとします。 新しい情報に合わせて、勇気を持って記事を再規定してください!正しい取材を行う上で、柔軟性は最も重要な原則の1つです。 新しい事実を元の仮説に合わせようとしないでください。

取材を進める中で、記事のゴールに無関係だと分かったものは破棄します。 成しとげた仕事を捨てることは心が痛むことです。 しかし、やらなければなりません。 メモしたものは、将来行う記事に役立つ可能性があるため、ファイルしてください。 意味のある公式コメントを探し、最も興味深い情報源と参照をハイライトしておきます。
あなたが探しているのは、具体的で明確な証拠です。訴訟を提起されたくないでしょう。 事実であることを証明できないものはすべて忘れてください。 メモの中の矛盾や対立する点を探してください。情報提供者が偏見を持っていないか確かめてください。すべてのコメントは公表を前提とした「オン・ザ・レコード」記録にできるように努力してください。 確認し、正確度を別の情報でクロスチェックして、さらにもう一度確認します。

進捗状況は編集者に知らせて、必要に応じて編集者が報道内容を再描画できるようにします。 できるだけ早くこれを行う必要があります。 また、名誉毀損やその他の法的な問題が起こりそうなら、編集者に合図を送ってください。 編集者は、完成した記事を弁護士に転送してアドバイスを求めなければならないかもしれません。

次の章では、取材を開始するときにデータを保護する方法について説明します。