探査報道を一人で実施する切実で説得力のある理由は数多くあります。

  • >   規模の管理がしやすい
  • >   すべてではないにしても、ほとんどのリソースまたは情報提供者を抱えている
  • >   同僚を信頼してよいかどうかわからない

ただし、探査報道は、多くの場合、一人で手に負える以上の、はるかに大きなものに姿を変える可能性があります。 多くの手が加わることで、作業を管理しやすくなるだけでなく、もっと多くの目で記事を見ることで、正しく判断する力が向上します。チーム取材は、自分が冷静さを失わないための重しにもなります。

チームとして探査報道を行う場合は、追加の手順を実行する必要があります。
最初の手順は、プロジェクトマネージャーを決定することです。 プロジェクトマネージャーは、チームメンバー一人ひとりから関連する能力を十分に持つ人物を見出し、そうしたメンバーを適切に組み合わせてすべてをまとめあげる必要があります。非常に重要です。
2番目の段階は、チーム全体が主題やアイディアについてブレインストーミングを行い、明確なTo-Do(やらなければならないこと)リストを提示できるワークショップを開始することです。 あなたは、このプロセスの形式も決定する必要があります。

  • ?   チームメンバー同士はいつ、どのように情報のやりとりをするか?
  • ?   編集プロセスはどのようなものか?
  • ?   チームは取材での失敗をどのように処理するか?
  • ?  どうすれば最終的な記事について全員に同意してもらうことができるか?
  • ?   どのような費用は賄われるか?
  • ?   チームはもし必要なら、盗聴したり、潜入したり、ドキュメントに金を支払ったりするのか?

利益相反を回避するために、役割も明確に定義する必要があります。 ニュース組織の理事を兼務しているチームメンバーの場合、この人物はチームが行っている取材に関連する理事会の決定に関与しないようにする必要があります。 また、プロジェクトマネージャーと組織のリーダーシップの関係は、場合によっては契約を通じて明確に確定する必要があります。

チームはまた、主題に精通する必要があります。誰もが取材の詳細を理解しているか、市民の一人として、各チームメンバーはなぜこの取材テーマに関心があるのか、また 最高の実践事例や倫理規定についても、議論すべきことです。

取材チームのリーダーであるプロジェクトマネージャーは、継続的にチームの目標を達成し、これらの手順をチームの他のメンバーに伝える必要があります。 また、プロジェクトマネージャーは、最終的に、その記事で地元の問題を確実に国民の理解にまで広げるようにします。 プロジェクトマネージャーは、チームメンバー間の架け橋となり、報道機関のトップにも接触します。


チームA
『スポットライト』
チームB
『パナマ文書』
「スポットライトチーム」の成果は、地方新聞のチーム取材の良い例だ

2002年、ボストン・グローブ紙のジャーナリストの小さなチームは、ボストン・カトリック大司教区の枢機卿と司教たちが司祭たちによる児童への性的虐待を組織的に隠蔽していたことを発見した。

彼らの報道が発表されて初めて、他のメディアが自分たちの地域で同様の事件を掘り起こし始めた。

この探査報道は2015年、『スポットライト』として映画化された。
『パナマ文書』は国際協力の好例だ。

1年間、70か国以上から約400人のジャーナリストがパナマの法律事務所のデータ漏洩を取材した。 彼らは、政治家、アスリート、犯罪者、その他などが違法な目的でパナマのオフショア勘定を使用していることを発見した。

1100万を超えるドキュメントが分析された。1人のジャーナリストだけでは処理することはできなかった偉業だ。

世界最大の金融スキャンダルの一つとして探査報道の結果は、2016年に数百の報道機関と言語で発表された。