あなたと情報源を保護するために、法的に認められた宣誓供述書を作成するのは有効です。宣誓供述書では、すべてのページに弁護士の面前で署名します。ほとんどの国の裁判所に受け入れられ、重要な法的責任が発生します。
これは、あなたの情報源が法廷に出頭し、必要に応じて証拠を提供する意思があることを示しています。 信頼できる弁護士に宣誓供述書を保管してもらう必要があります。 記事が法的異議申し立てまたは訴訟につながる場合、宣誓供述書があれば、法廷の保護のもとに情報源が出廷できます。 また、情報源が後で供述を撤回した場合にはあなたを保護します。

宣誓供述書があなたの記事に役立つかどうかを検討してください。 そのような法的文書の形式によって情報源が怯える可能性があるため、彼の信頼を得た後にこの話を切り出すか、または広範な記録やテープ録音などの他の保護の方法にゆだねることもあります。