多くの国では、政府や民間セクターの情報が、公務員守秘義務法、反テロ法、または公務員側の単なる怠惰により覆い隠されています。
ヨーロッパのいくつかの政府は2007年、企業への国家補助金に関する情報へのアクセスを許可しました。この情報規制の緩和は、6か国の献身的なジャーナリストが力を合わせ、何年にもわたる訴訟を通して情報を公開させた結果がもたらしたものです。
情報の公開で、国の補助金の受領者リストの筆頭に上っていたのが、業界の指導者や王室のメンバーであることがわかりました。中小企業や苦闘している企業ではなく、彼らが、すでに非常に収益性の高い事業を助成させるために、納税者の数百万ポンドやユーロのお金を懐にしていたのす。

公務員守秘義務法がまだ施行されているような国に住んでいる場合、負けるように仕組まれたカードで勝負するようなものかもしれません。情報を出し渋ったり、それどころか金銭と引き換えに情報を渡すような公務員にさらに苛立ちを感じるかもしれません。
必要な情報を入手する方法が他にない場合、文書に金を払わないで済む方法はあるでしょうか? 長くて困難な方法ですが、情報の自由度を高める法律を要求することです。 あなたの国に情報公開法がある場合、次の原則が情報へのアクセスの指針になるはずです。

  • > 主題に関する準公式または専門家の文章で何が公開されているかを探し、関連するドキュメントを見せてくれるほどの信頼関係を内部情報源となる人との間で築く。
  • > その情報がすでに公開されているかどうかを常に確認する。発行部数が限られている論文には、おそらくは秘密文書と思われるものからの要約や場合によっては、抜粋さえ含まれていることがある。
  • > 考えられるすべての方法を試したら、最後の手段として情報公開法を使う。ドキュメントを要求することで、論拠が強化される。
  • > 情報公開の手順は時間のかかるもので、必要なドキュメントを明日までに入手できることまずない。正しい情報源を早く特定してアプローチする。
  • > ドキュメントのタイトルや番号を正確に要求する。 主題について「すべてのもの」を求めることは、当局にプロセスを無視または遅延の言い訳を与えるだけだ。
  • > 請求と受け取った回答を正確に文書化する。これらの記録は、当局が故意に情報公開法を無視していること、および何か隠しているものがあることを証明するために必要になる場合がある。