探査報道ジャーナリズムの多くは定性的な記事です。不正が起きた理由と方法、誰が責任を負うかについて書きます。
しかし、ほとんどすべての探査報道の記事には定量的なデータも含まれています。 赤字はどのくらいか? あなたの国の違法操業に関する統計はどうか?  毎年何人の患者が診療所に拒否されているのか?

つまり、大きな数値と小さな数値を分けて伝える方法と、百分率などのいくつかの単純な計算を通して数字の意味を理解させる方法が必要です。 数字が好きだからといって、ほとんどの人がジャーナリストになるわけではありませんが、数字は難しいものではなく、実際、探査報道による記事には不可欠です。

基本を理解することから始めます。 たとえば、クリニックの看護師の作業効率を調べたい場合は、専門家にこの専門職の人の「典型的な1日」のタイムテーブルの作成を手伝ってもらいます。 さらに観察と取材を通して、次のことを確認できます:

  • > 最も多くの時間を占める仕事は何か? 看護師は何かを省略して済ますことがあるか? それはどんな仕事か? 看護師は、予定表に収めきれないほど多くの仕事をこなさなければならない場面に直面しているか?
  • > 看護師の職務説明書は、クリニックを訪れる患者の平均数とどのように関係しているか? 患者1人あたりの作業時間はどのくらいか?

同様に、大気サンプルを分析する必要がある場合は、大気中に含まれる汚染物質を特定し、それらが危険であるかどうか、どのレベルの曝露が健康に害を及ぼすかを医療専門家に尋ねます。
国の大気汚染防止規制とレベルを比べてください。 この問題はずっと前から始まっており、長い年月で数値はあまり変化していないこと、同じような「ピーク」がかなり定期的に発生していること、または数値が以前よりも低くなっていることに気付く場合があります。
ジャーナリストの仕事は、これらの数値を解釈し、問題がより大きくなっているのか、それとも単に顕著になっただけなのかを判断することです。
もちろん、数値だけでは十分ではありません。なぜ今、その問題がより顕著になったのかの背景を書かなければ意味がありません。

気象統計は、ほとんどの国で最も長く実行されている数値記録の一部です。アフリカでは、気象統計は植民地当局が記録した最初の統計であり、洪水や干ばつに関しては口述の歴史はさらにはるか昔からあります。 多くのアジア諸国では、気象パターンを記録する専用データベースもあります。 したがって、気候変動、洪水、干ばつなどの気象条件が、あなたの国で類例のない出来事だったのか、興味があれば調べてみてください。 気象パターンの変動についてデータを比較および分析できます。

データは継続的に進化し、記事のアイデアを提供してくれます。
例えば、プレスリリースは統計的精査の対象となるようには書かれていません。少なくとも、作った人はそう考えています。 しかし、しばしば、プレスリリースは重要な情報を提供し、より大きな記事につながる可能性があります。優れた探査報道の記者は、可能性のある記事の手がかりを逃がしません。
同時に、数値、グラフ、その他の定量的データの形式についても疑念を持つ必要があります。 最初はデータが独特の説得力のある物語を提示しているように見えるかもしれませんが、優れた探査報道記者は、データの生成に使用された方法、誰が資金提供してデータが公開されたか、そして特徴のある細目を省くことで誰が最も利益を得ることになるかに疑問を投げかけます。

数字だけでは意味がありません。 ジャーナリストとしてデータを解釈し、疑問を呈することで付加価値をつけます。