図とグラフを解釈するには、最初に凡例から始めてください。
グラフでは、目盛りと始点を理解する必要があります。変化が現れる図の部分だけが目立つように目盛りを大きくして、小さな変化を劇的に見せることは簡単です。 グラフを解釈するときは、分数や百分率を疑ってください。 サンプルと比較グループに関する元々の情報に留意してください。

2つの図のセットが同じパターンに従っているように見える場合があります。 しかし、これは必ずしも相互に関連していることや、因果関係があることを証明するものではありません。
子どもは年をとるにつれて大きくなります。 彼らの言語能力は、彼らが年をとるにつれて、ほぼ同じ割合で向上します。 しかし、それは身体的な成長が言語能力を向上させるという意味ではありません!
ここでも、グラフとチャートを注意深く読んで、なぜ関連が示唆されているのか、理由を評価する必要があります。 関連を裏付けるための同分野に関する有効な調査はありますか?
同様に、何かが起きた後に他の何かが起きたからといって、最初の出来事が2番目の出来事を引き起こしたことを証明するわけではありません。 データだけでは何も証明できません。背景、他の考えられる原因の排除、および最初の出来事が2番目の出来事を引き起こす正確なメカニズムを取材することが必要です。

データの背景事情を調べるときは、どの機関が調査を実施したか、およびそれらが特定の利益を代表しているかどうかを確認します。
通信社のロイターは、フィリップ・モリス・インターナショナルが行った電子タバコ実験の結果を探査報道しました。同社は、コーヒー1杯よりも害の少ないタバコを開発したいと考えていました。しかし ロイターの記事は、調査結果を反対に解釈できると説明しています。
大学がまとめた調査にも批判的でいてください。 研究のスポンサーには、個人的な利益を求める可能性のある民間の寄付者が入っている場合もあります。


情報や情報源となる可能性のある人の名前を収集し、データベースを構築する方法をお伝えしました。 次の章では、優れた人的情報源を特定する方法と、その人たちが明らかにするものへの洞察力をつける方法について説明します。