まず、内部通報やウェブサイトに投稿された匿名の公開質問状などの情報源を評価します。 最初に、誰がこれを書いたのか、その人の適格性や動機は何であるのかを問わなければなりません。 本物の専門家から陰謀論者、商業的または政治的意図を持つロビイストまで、誰でもウェブに投稿できます。

あなたがその人物の身元を確認できたら、その人についての情報を可能な限りよく読み、知識を得る必要があります。その人の履歴を調べてみてください。どこで勉強したのか、どこの会社の管理職なのか。 Facebookアカウントやツイートを確認してください。 彼が新しい会社について言及している場合は、そこに登場する主要な人物を調べ、会社と同僚、ライバル、または政府につながりのある人との間に接点がないかどうかを確認します。
新しく就任した農務大臣が主要な穀物取引会社の理事会のメンバーである場合、それは合法でしょうか? それが許されるとしても、この利益相反は申告されているでしょうか? そうした情報を把握していることは、内部情報の確度を評価するのに役立つだけでなく、後に記事を書くときに有益な洞察を与えてくれるでしょう。

この個人を知っているか、一緒に働いたことのある人を見つけて取材してください。 その人たちはその個人をどのように説明するでしょうか? それらの人々の発言があなたの意図した見出しと矛盾する場合、あなたは間違った方向に進んでいる可能性があります。
ただし、その発言が「取り巻き連中の最上級の賛辞」であるかもしれないので注意してください。すべての人物評価をすぐに信頼するべきではありません。

ガソリン、土地、奨学金など、供給量の不足に関する報告書を読むと、いくつかの疑問が頭に浮かぶはずです。 これらの資源は誰が統制または管理しているのか、配分のメカニズムがどのように機能しているのかを調べると、潜在的な腐敗を見つけるのに役立ちます。 探査報道ジャーナリストは、このような人々がどのような情報を公表し、どれだけを隠しているのかについてピンときます。

立証する目的で作られた文書の信憑性も疑うべきです。 「証拠」の文書を作成するのはかなり容易です。公式のレターヘッド入り用箋(またはPhotoshop)、コンピュータやコピー機にアクセスできる人なら誰でもそれを作ることができます。 たとえそれらが本物だとしても、その文書は、決定的に重要な部分が意図的に除外され、部分的にまたは半分正しい絵を描くために慎重に選別されている可能性があります。政府内の信頼できる情報源でその信憑性を確認します。

時には、文書は非常に複雑で技術的な事柄についてのことなので、専門家でないと理解できず、誰か他の専門知識に頼らなければなりません。そのような文書は、会計士、弁護士、医師などの独立した専門家と議論されるべきです。
汚職疑惑があまりにも日常的に発生するような環境では、ジャーナリストは、他の計略に足をすくわれないように気をつけなければなりません。

ヒントや噂や内部通報をふるいにかけた後、あなたはできるだけ早く取材を始めたいと思うでしょうが、その前に戦略を立てる必要があります。 最初に取るべき歩みは何ですか? また、取材前及び取材中に心に留めておくべきことは何でしょう? 次の章では、これらの問題に焦点を当てます。