ファイアウォールは、インターネットを行き来する情報を監視および制御し、バーの用心棒のように機能します。 各ファイアウォールは、一人ひとりの「客」の入店を許可するか、またはその詳細をネットワークに送信するかを決定します。ファイアウォールを使用しないことは、ドアを開けっぱなしにすることと同じであり、マルウェアがデバイスに簡単に侵入することを可能にします。
ほとんどのデバイスでファイアウォールを自分で有効にすることができます。McAfee(マカフィー)、BitDefender(ビットディフェンダー)、Kaspersky(カスペルスキー)などの外部保護ソフトウェアを使用することをお勧めします。

デバイスからインターネットなどの信頼できないネットワークへのデータの流れを制御するだけでなく、アクティビティを監視したり、あなたのパスワードなどの重要な情報にアクセスしようとするマルウェアからデバイスを保護する必要もあります。 ウイルス対策ソフトウェアは、デバイス上のマルウェアを探し、それらのアクセスをブロックし、削除します。 これらのプログラムは、コンピュータだけでなくモバイル機器にも不可欠です。

推奨ソフトウェア:
WindowsおよびLinuxコンピュータ用:ESET(イーセット)、Kaspersky(カスペルスキー)、およびBitDefender(ビットディフェンダー)
アッップルコンピュータ用:Microworld(マイクロワールド)、BitDefender(ビットディフェンダー)、AVG(エーブイジー)
アンドロイドのスマートフォン用:Avast Mobile Security(アバスト・モバイル・セキュリティ)
iPhone用:Norton(ノートン)とLookout(ルックアウト)

ほとんどの人はファイアウォールとは何かを知っており、少なくとも1つのウイルス対策プログラムをインストールしています。
ただし、使用中のデータを完全に保護するには、HIP(ホスト型不正侵入防御)システムをインストールすることも重要です。 この追加した防御策は、システムとネットワークを監視してすべてのプロセスが適法であることを確認し、違反がある場合はユーザーに通知してくれます。 HIPはあなたの現在の使用方法と使用習慣を比較してマルウェアを検出します。 このセキュリティソフトウェアを提供するプロバイダーの1つがMcAfee(マカフィー)です。

一見すると、これらの推奨セキュリティプログラムを全部インストールする作業は困難に思えるかもしれませんが、一部のソフトウェアでは3つのツールすべてを1つにまとめて提供しています。 最悪のシナリオでは、相互に有効にする3つの単一プログラムをインストールする可能性があるため、これらのマルチ製品をお勧めします。
すべてのシステムの組み合わせツールの例は、「McAfee(マカフィー)」、「BitDefender(ビットディフェンダー)」、または「Kaspersky(カスペルスキー)」です。 さまざまな組織や雑誌がさまざまなプロバイダーをテストし、毎年最新の脅威に対するセキュリティと有効性をランク付けしていることも念頭においてください。 契約に同意する前に適切に注意をはらってください。始めるのに役立つ便利なWebサイトはhttps://www.av-test.org/en/ です。