Gmail、Yahoo、Hotmailなどの一般的なメールプロバイダーを使用すると、ジャーナリストがハッカーにさらされるリスクが高まります。これは、セキュリティとプライバシーの基準がそれほど厳格でないためです。 ハッカーはユーザーの数が多ければ多いほど、そのプロバイダーのセキュリティの基準を突破したくなるのだということを覚えておいてください。 あなたのメールプロバイダーが次の規格を持っているかどうかをチェックすることであなたのメールサービスを安全にすることができます

1) セキュア・ソケット・レイヤー(SSL)または

2) トランスポート層セキュリティ(TLS)

これらの規格を提供していないメールプロバイダーを使用しないでください。SSLとTLSにより、メールはネットワーク間を「移動」するときに暗号化され守られます。 ただし、メールは暗号化されていないテキストファイルとして両方のサーバーに保存されます。 つまり、サーバーの管理者はメールにアクセス可能で、それらを読んだり、改竄したりできます。

電子メールのコンテンツを暗号化するために、「Pretty Good Privacy(プリティ・グッド・プライバシー:PGP)」は非常に安全な解決策を提供します。 PGP経由でメールを暗号化すると、受信者以外は誰もそれにアクセスできなくなります。 残念なことは、インストールが簡単でないため、広く採用されていないことです。

PGPは2つの鍵を生成する暗号化システムで、1つは公開鍵、もう1つは秘密鍵です。 公開鍵は電子メールを暗号化するために必要であり、秘密鍵はそれを解読するために必要です。 名前が示すように、公開鍵は誰でもアクセスできますが、秘密鍵はユーザーだけが所有します。 PGPで暗号化された電子メールを誰かに送信したい場合、電子メールを暗号化するためにはその人の公開PGPキーが必要です。 このキーは、受信者または公開キーサーバーから取得します。 受信者は自分の秘密鍵と固有のパスワードを使ってメールを開くことができます。 PGPを使用するには、メールソフトがそのサービスをサポートしている必要があります。

推奨されるメールソフトは、「Thunderbird(サンダーバード)」またはPGPのアドオンを提供する人気のある「Microsoft Outlook(マイクロソフト・アウトルック)」です。 Gmailなどの別のメールソフトでPGPを使用する場合は、「Mailvelope(メイルベロープ)」を試してください。 ただし、これらの一般的な電子メールプロバイダーでは、PGPは電子メールの送信者、受信者、または件名を非表示にできないことに注意してください。

PGPの仕組みの詳細については、次のビデオをご覧ください。

通信を行う二者間の暗号化サービスを提供する別の推奨メールプロバイダーは、ProtonMail(プロトンメール)です。 このサービスは、プロトンメールサーバーに送信する前に、クライアント側でメールとユーザーデータを暗号化します。 サーバーはデータが保護されているスイスにあり、暗号化技術はSSLとPGPの混合です。 コードはオープンソースです。 「Thunderbird(サンダーバード)」と、同様のツール「Evolution(エボリューション)」の違いは、プロトンメールが実際のメールプロバイダーであり、単なるクライアントではないことです。