最新の通信トレンドでは、メールを完全に回避し、「WhatsApp(ワッツアップ)」、「Telegram(テレグラム)」、「Facebook Messenger(フェイスブック・メッセンジャー)」、「Snapchat(スナップチャット)」などのインスタントメッセンジャーに依存する傾向があります。 これらを利用すれば数秒で、世界中に情報やドキュメントを送信できます。
WhatsAppなどのプロバイダーは、二者間の通信を暗号化できること宣伝しているかもしれません。 でも、どれも完全なセキュリティを提供するものはありません。 一般的に、メッセンジャーを使用して機密情報を共有することは危険です。 他の一部のテキスト・メッセージ・アプリケーションは、iOSとAndroidの両方で機能する「Signal(シグナル)」、「Telegram(テレグラム)」、「Wire(ワイア)」など、より安全な二者間の通信の暗号化を提供しています。

これらのアプリケーションの詳細については、https://signal.org/ 、https://telegram.org 、またはhttps://wire.com/ を参照してください。