電話での会話は第三者によって簡単に盗聴される可能性があるため、機密情報については、必ず情報源と直接話すようにしてください。Skype(スカイプ)などの一般的なサービスは、通信する二者間の暗号化を保証していません。Wire(ワイア)やSignal(シグナル)などのツールは、デバイス間の通話を暗号化しますが、100%の保証はありません。

情報源の人に会う場所を決めたら、スマートフォンを家に置いたままにするか、電源を切ってバッテリーを取り出し、デバイスがオフラインであることを確認します。 さらに、電磁信号を遮断するファラデー・ケージの電話ケースを使用できます。 ウィキリークスの内部告発者にちなんで名付けられた「エドワード・スノーデン方式」は、デバイスを冷蔵庫に入れて会話のプライバシーを守ることです。

スマートフォンのアプリを制限したいという考えもあるかもしれません。 アプリをインストールするたびに、デバイス上の特定の機能、データ、または情報へのアクセスを求められ、外部ソースからの脆弱性にさらされます。
ケンブリッジ・アナリティカ・スキャンダルを見ると、一見無害なアプリが何百万もの人々の情報を収集して、同意のないまま悪用されてしまうことがわかります。アプリが必要な場合は、デバイスの設定で権限を制限してください。 ただし、これらの権限がないとアプリは機能しないことがあります。

数多くの解説ビデオのリンクが、http://www.investigative-manual.org/en/ にあります。


この章の目的は、安全な作業環境の重要性を強調し、取材中に安全性が100%確保されることは決してないことを明確にすることでした。 次の章では、情報源に適切な質問をする方法、必要な情報を取得するのに最適な取材技術について説明します。