探査報道は、時間と費用がかかり、リスクが伴います。それでもジャーナリストは、探査報道に取り組む努力をして記事に掲載することの価値を、編集者に納得してもらわなければなりません。

探査報道は、事態を変えることができます。ここ数年のピューリッツァー賞を一見すると、優れた探査報道がさまざまなコミュニティや政策に影響を与えていることがわかります。
2016年は、フロリダの2つの新聞の2人の記者が受賞しました。州の精神病院で拡大している暴力を暴いたのです。2017年はチャールストン・ガゼット・メールのエリック・エア氏。彼はウェストバージニア州に洪水のようにオピオイド鎮痛薬が流入していることを暴露しました。
2018年の受賞者はワシントンポストです。ワシントンポストは、選挙候補者が十代の少女に対して犯した過去のセクハラ疑惑を明らかにし、アラバマ州の上院議員選挙の流れを変えた功績が認められました。

Recommendation
Recommendation

Recommendation