すべての記事は始まりと終わりがうまくいく必要があります。 最初と最後は、どの著作でも最も強い部分です。 優れた導入部は読者を引き込みます。 ほとんどの研究では、記事の導入が魅力的でない場合、トピックに関係なく、読者は読み続けないことが分かっています。 同様に、最後の部分は、読者が記事から受け取ってほしいメッセージを示すところです。

開始する方法は次のとおりです。

  • > ポートレートまたは舞台設定
  • > 記事のテーマの要約を短い1文で
  • > 結果または成果を先に述べます。 その後遡って、それがどのように発生したかを伝えます。

すべての場合において、読者に記事が何であるかを手短に伝えてください。 大まかな目安として、導入部の情報は記事の10%以下に抑えてください。 しかし、これを–専門用語でいうところの–「ディレイド・リード(読者の興味を惹きつけるために逸話などを使う特集記事の手法で、展開中の事件や速報ではない種類の記事のリード文)として考えないでください。

あなたの結論の部分も同じように機能するはずです。 満足のいく結末は:

  • > 未解決のものを結び付ける(主人公に何が起きたか、次に何が起きるのか)
  • > テーマをもう一度要約して、なぜ私たちがこの問題に関心があったのかを思い出させる
  • > 「キッカー」(キャッチフレーズでもよいし、人々に考えさせるような、記事の最後に明かされる驚くべき事実)を作成する
  • > 背景事情を強調する。 それはあなたの記事を支える希望、制約、関連する発展を読者に思い出させる
  • > 最初に会った人に戻り、その人たちに最後の言葉を言わせる
  • > 「時間だけが教えてくれる」という陳腐な結語は決して使わないでください。 あなたは捜査官であり、記事で明確な解決策を示さず肩をすくめるだけならば、あなたの権威に対する読者の信頼は破壊されます。

記事をつなぐ上で同様に重要なのは、遷移です。記事がセクションからセクションへ、段落から段落へと移動する方法です。

統一的なナラティブを作成するための最も有用なテクニック:

  • > 論題を定期的に持ち出す
  • > 暗喩表現を拡大して使用し、アイデアを結び付け、それらを生き生きと表現する。 例えば、すべての部分が連携して動かなければならない人体を、環境の暗喩として使うことができる
  • > 記事に紡ぐ糸のように、画像、物体、箴言を使う。

単純な言葉は、複雑な議論を追跡しているあなたを読者が足並み揃えて追いかける時に、非常に力強い言葉となります。 道標となる言葉を使用して、一つの段落が前の段落から続くか(例:「and」)、方向が変わるか(「but」)、結果であるか(「so」)、後に続くか(「then」)などを示します 。

最初のドラフトを書いた後では、あなたの記事はまだ完璧ではありません。 最終段階で重要なことの一つは、取材の早い段階で収集された情報がまだ有効であり、後で発見した事実と矛盾していないことを確認することです。 同時に、新しい事実、科学レポート、または検査結果が出てきた可能性があります。 あなたはウェブ検索をもう一度繰り返す価値があります。

記事を編集するとき、一つの記述が別の読み応えのある記述を作り出していることに気がつくかもしれません。その場合は、記事からそれを抜き出して、囲み記事か、側面記事にすることができます。
最高の記事は何度も書き直されていることを忘れないでください。 文章を編集することは贅沢でも面倒でもありません。 可能な限り最高の記事を書くプロセスの一部です。 書き直しや編集が行き詰まった場合は、同僚やチームメンバーを見つけて、編集と批評のプロセスを進めてください。 良いアイデアはチームワークから生まれます。