注意: これは放送用の台本の完全なガイドではありませんが、言語の使用法や、優れたナラティブを構築する方法についてのヒントを提供します。


すべての放送用の記事には、ビデオのフィルムまたは音声での引用が付いています。 同じ写真や引用文は、その文脈に応じて、多くの物語を語ることができます。 解説の目的は、聴衆があなたの物語を完全に理解できるようにすることです。

知的な文章を使用すると、視聴者は型通りの画像や平凡な引用でさえ、新しい異なる視点で見ることができます。 ラジオでは、録音された引用に基づいて書かれた台本が背景情報を最も力強く伝えます。
しかしテレビでは、写真は、ストーリーが伝えるインパクトの約85%を占めています。退屈な写真や引用のせいで視聴者が背を向けてしまうと、すぐれた文章だからといって必ずしもいつも埋め合わせをしてくれるわけではありません。 どちらの場合も、写真または録音された引用を基にストーリーを制作する必要があります。 これは「耳に書く」または「絵に書く」と呼ばれます。

カメラで捕らえた現場からのレポートから始めます。 次に、慎重に選んだ言葉を使って自分で解説をします。

  1. (a) ストーリーの最も重要な側面に下線を引く
  2. (b) 写真または引用が一部の側面だけを示す場合は、バランスをとる
  3. (c) 視聴者に注意を向けてほしいものを選択して強調する
  4. (d) さまざまな画像や引用をつなぎ、時間の経過に伴い、どう動いたかを説明する
  5. (e) 画像または引用を文脈に置く
  6. (f) 追加の意味や解釈を挿入して、画像や引用に「スピン」を加える(ただし、情報を歪めたり、文脈から外したりしないでください!)

記者は、これらの優先事項について真面目に取り組まなければなりません。 しかしそれは、記者が常に視聴者とニュースの間に挟まって、フィルターまたはバリアーにならなけれならないという意味ではありません。 あなたの記事に関連することを言っている人物の実際の直接的な引用がある場合は、記者の言い換えたスピーチよりも常にそれを選択してください。

放送と印刷物の違いは次のとおりです。

印刷出版物放送番組
理解できない場合は、読者はいつでも戻り読みすることができる。放送番組は、一回限りであっという間に過ぎてしまう。 したがって、視聴者は詳細な記憶よりも、印象をつかむ可能性が高くなる。そのため、パッケージ全体の性質が非常に重要。
間違えても明白であり、紙面にいつまでも残る。視聴者は間違いに一度気づくか、或いは気づかない。
見出し、キャプション、段落などの明確な道標があり、紙面上で記事を見つけるのに役立つ。放送の途中からでは、何が起こっているのかを新しい視聴者が理解するのは難しい場合がある。
読者は本を途中で止めて、立ち去り、他のことをすることができる。 戻ってきたとき、何も見落とすことなく、読み止めたところから再び読み始めることができる。視聴者は、その部分が記録されているかWebで利用できる場合にのみ、放送の視聴を中断して他のことを行うことができる。
写真やマルチメディアのコンテンツは、記事の信頼性を高める傾向がある。 オンライン出版物はこの利点を利用して、読者の信頼を深めることができる。放送ニュースは、視聴者に話している内容より多くの証拠を提供する(たとえば、アップサウンド、写真)。そのことで、より信頼できるものにする可能性がある。 同じ理由で、それは真実をより大きく歪めることもある。
読むのに時間がかかるかもしれませんが、読者は書かれた記事から、より詳細な情報を取得する。放送番組のニュースは高度なリテラシーを必要としないが、変化の激しい動きのあるパッケージを理解するには、一般的な知識が必要になる場合がある。

ポッドキャストを除いて、放送番組のニュースは一定の時間だけ存在します。新聞のように手で触れることが出来るものではありません。

このように放送の台本には、印刷メディアで採用されているものとは非常に異なる言語的アプローチが必要です。
しかし、媒体に関係なく、あなたは限られた時間または空間で多くの事実を伝えるために戦っています。読者・視聴者の心をつかむ事実やアイデアを見つけて、探査報道を始めてください。