記事の目的によっては、個人的な話を聞くためにその人の家に「飛び込み訪問」(多くの場合、失礼なことと考えられている)したり、または電話で突撃インタビューをしたりしても良いかもしれません。
情報提供者への取材の妨害や拒否に遭っている場合は、情報源の勤務先のオフィスの周りとか、情報源が出席することがわかっている公のイベントで、張り込んでみてください。
ただし、この戦略は情報源の神経を逆撫ですることになるかもしれません。大事なことは、彼らを待ち伏せしているように振る舞わないことです。 丁寧に自己紹介し、話す機会をもらえて嬉しいと相手に伝えてください。情報源があなたに不審な気持ちを抱いていそうな場合は、その人物のネットワークの中に「ドアオープナー」がいると助かります。 企業、組織、または政府機関への取材の要求は、通常、プレスオフィスを通じて、正式に申し込む必要があります。 礼儀よく振る舞うと効果があります。

電話をかけ、誰かに会う前に、すべての要点を押さえた短い導入スピーチを下稽古しておくと役立つ場合があります。 この段階では、いつの時点でジャーナリストであることを名乗るべきか、考えておく必要があります。
どのような状況で、職業を隠し、別の職業(営業担当者など)のふりをすべきでしょうか? どのようにしたらその「役割」に説得力をもたせられるでしょうか?

カジュアルな会合で出会った人を、将来再び連絡できる情報源に変える方法を考え出してください。 計画を練り、話し合う問題をリストアップします。 その人の興味は何ですか? どうしたら、職場での問題について話してくれるように誘導できますか? 上級公務員と話す時とバーテンダーとでは、あなたの態度は異なりますか?
お決まりの平凡な仕事をしている人々の知性を過小評価しないでください! また、拘束時間について具体的かつ現実的に考えてください。政府の大臣にとっては15分は長い時間かもしれませんが、トラウマを経験した人には、心を開き自由に話し始めるまでに丸一日が必要になるかもしれません。

情報源が事前に質問を見せるように要求してきた場合、あなたは黙認する必要があるかもしれません。 しかし、これは一般的に良い習慣とは見なされていません。 報道したいトピックの大まかな概要を送ることでよいか確認してください。 事前に質問を渡すようなインタビューは−専門家の資料と照合するために時間を必要とする可能性がある専門家の場合を除いて、堅苦しいインタビューになりがちです。 事前に質問を送信する必要がある場合は、補足質問をする権利を留保してください。

情報源があなたに会うことは拒否するが、コメントを提供しても良いという場合もあります。 記事の中でどう扱うのか、編集者と話し合う必要があります。 お勧めなのは、「取材は拒否されましたが、コメントが私たちに寄せられました」とその後にコメントの全文を紹介するパターンです。

情報源が喜んで話してくれるという時は、適切な場所を選んでください。 その人の家またはオフィスは、彼らに少し心理的な利点を与えます–自分の縄張りなのですから–そして、彼らを安心させ、場合によっては心のうちを見せてくれます。
あなたのオフィスはあなたに心理的な利点を与えますが、彼らに安心感を与えるにはあまりにも公然としすぎているかもしれません。 インタビューの性質から、インタビューを成功に導くセッティングを考えてください。公的な場所の方がよいのか、目立たない場所が良いのか、設定したい雰囲気はどうか、周囲の騒音で会話を録音できない状況ではないのかを考慮してください。

正式なインタビューについては、電話またはメールで詳細を確認してください。取材対象が後で「忘れました」と言えないようにしっかり確認してください。 秘書が「折り返し返答します」というのを待つ必要はありません。応答に適当な時間をおいてから、電話をかけてください。 しつこく、でも迷惑にならないように。