録音および書き込み機器が故障していないこと、予備品(筆記用具、レコーダー、バッテリー、SDカードなど)を常に携帯していることを確認してください。
取材対象が記録の公表承諾書に署名する必要がある場合は、必ず同じものをもらってください。これは、放送のためにカット編集する必要がある長いインタビューの場合は特に重要です。企業や政府の報道官の場合は必要ありません。