あなたの質問に答えたがらない、そしてそう明言している相手に対しては備えるべきです。
テレビやラジオでは、回答への拒否が聞こえたら、編集で巧みに使用できます。 印刷物では、次のように書くことができます。「Xは…に関する質問への回答を拒否しました」 記事の中で、証言を取ることに失敗したと解釈する必要はありません。そのまま報告してください。 拒否の意味は、視聴者が判断することです。

正当な質問に答えることをはっきりと拒否すると、インタビューの中止につながる場合があります。 時にはこれは効果的です。 「本当にすみません、大臣。 この記事の中核であるこれらの問題について、ご意見が得られないとは思っていませんでした。 これで、私の取材結果と、専門家と目撃者のコメントのみで記事にします。 大臣からのコメントは無いと書いていいですね?」
この時点で、聡明な取材対象者は、記事にコメントがないよりも、何かを言う方がよいと判断する場合があります。 しかし、それでも彼らが協力を拒否する場合は、おとなしく立ち去ってください。

事前に特定の質問に回答しないと言われた場合でも、すべての質問をそのまました方がよく、その事情を明確にすることをお勧めします。 これは特に放送で当てはまります。質問しなければ、視聴者から質問しなかったという批判を受けることになります。