定義と例: 視聴者のために専門用語や複雑な言葉を定義し、全体を通して同じ定義で通します。 また、例えを利用して抽象的なものに具体性を与えます。

具体的に: 「大部分の」、「多くの」、「いくつかの」、「少数の」のような言葉の意味とそれらの間の違いを理解します。 これらを正しく使用してください。 「大部分の」と「多くの」の違いに注意し、「すべての」または「ゼロの」という場合はさらに細心の注意を払ってください。 それは、「ある理由」なのか「いくつかの中の1つの理由」なのか?  それは「常に」なのか「しばしば」なのか? 具体的な事例をあげたり、個人名をあげたりして、漠然としたものに具体性を与えてください。

論議の裏付け: すべての記述を具体的な事実で裏付けをします。 アイデアやシステムを批判すべきときに「人物」を攻撃しないでください。 事実と論点についての議論に専念してください。 特定の意図があるかどうかは読者に決めさせましょう。 時には、証拠に語らせるだけで十分です。

証明として公的機関を引用する: 長所と短所をリストアップし、そのバランスがとれた方法で扱います。 公的機関の行動の背後にある理由に焦点を当てることも重要です。 誰が何をなぜ言ったのか? 一人だけでなく、関連を持つ数名の情報源と話し合い、背景調査や引用の一助とします。

偏見、ステレオタイプ、感情表現: 肯定的であれ否定的であれ、ステレオタイプの表現は避けてください。言語表現は中立性を保ち、すべての情報源を同じく賢明な懐疑的態度で扱います。

「だから何?」と尋ねる: 自分の持っている情報が自分で立てた仮説に関連しているかどうかを判断する良い方法は、自分に「だから何?」と訊くことです。
たった一つで決定打となるような証拠からではなく、記事全体が醸す証拠の重みで、正確で説得力のある探査報道の記事を書くことは可能です。
証拠が数多くある場合は、それらを補強しておいてください。情報提供者に再度、問題点をより詳細に説明してもらうことにより、可能になるでしょう。
また、早い段階で出来事の前後関係を確定する必要があるかもしれません。そうすることによって、視聴者はある行動とその結果が起きた状況について情報を得ることができます。