インタビューが望み通りに進まなくても、必要な情報を取得できるようにインタビューを構成します。

  1. 1.   ウォームアップ(人間関係やお互いの絆の確立)
  2. 2.   事実の確認作業を含む基本情報の確認
  3. 3.   「ソフト」な質問
  4. 4.   「ハード」な質問

情報源が心地よく感じ、安心するまでに必要な時間を見積もります。 ただし、インタービューの初めの段階では短く、軽やかに、礼儀正しく必要な挨拶を交わし、できるだけ速やかに本題に入れるようにしてください。 その情報を基に後でより厳しい質問ができるように整理して、インタビューが論理的な構造になっていることを確認してください。
質問は、理解しやすく、明確で、要点が明確でなければなりません。情報源を困惑させるような、長くてとりとめのない質問よりも、短い質問を関連づけて重ねる方が優れています。 事前にこれらの質問を頭の中で実行してください。

いくつかのアドバイス:

  • > 複数に分かれている質問を避けます。
    例:「大臣、入札の不法行為をご存知ですか、プロセスを監督しましたか。また、なぜそうした契約を結んだのですか?」 回答は通常、情報源が実際に議論したい一つのポイントに絞ります。
  • > 混乱を招く二重否定は避けてください。
    例:「お金を返済しなかったのは本当ではないのですか?」 このような質問は、金銭についてか、供述が真実であるか、どちらか一方だけを答えるよう促している可能性があります。 「あなたがお金を返済しなかったのは本当ですか?」の方がはるかに単純で明確です。 「お金を返済しましたか?」はさらに良いです。
  • > 確認の質問を含めてください。 この質問は、あなたが答えを知っている質問です。 その質問で基本が網羅され、あなたは情報源が正確な答えをしているか把握できるようになります。インタビューを受ける人が、単刀直入な質問に困惑したとしても、怒らないでください。 当然のことですが、読者はあなたの言葉ではなく、彼らの言葉での説明を聞きたいと考えていることを説明してください。 はい・いいえの答えで行われる「クローズトクエスチョン」との違いに注意してください。
  • > 「オープンクエスチョン(自由解答式の質問)」を含めます。 この形の質問は、情報源に自らの考えを自由に述べる機会を与えます。 「オープンクエスチョン」の答えであなたは生々しい体験談を引き出します。 「クローズトクエスチョン」は事実を裏付けるので、両方を組み合わせて使用します。