内部告発者が、醜聞を伝えたいと思っている不満タラタラの従業員である場合もあります。
先進国の多くの企業、組織、政府部門には非公式の「電子目安箱」があり、重要な意見や情報を匿名または秘匿特権で不利益を被らずに共有できることがあります。 ただし、これらのサイトの情報を記事に直接使用しないでください。 内部告発者が本物であり、彼らの主張を立証できることを確認する必要があります。 情報提供者に直接会って、証拠を確認するようにしてください。

秘書、受付、ドアのセキュリティ担当者といったゲートキーパーは有用な情報提供者で、あなたをその場所に通したり、他の人の出入りを教えてくれます。 高級官僚など偉い人にだけ注意を向けるのは間違いです。 誰とでもプロとしてふさわしい関係を築くようにしてください。
ゲートキーパーは、物理的な出入りだけでなく、情報へのアクセスも管理しています。特に銀行や政府機関で働いているような従業員はほとんど、雇用契約で機密保持条項に署名しており、情報を開示しないことが法的に義務付けられていることを覚えておいてください。 軽薄な理由で彼らの助けを求めないでください、そして常に彼らとの関係を目立たないようにしてください、そうすることで、あなたの力の及ぶ限り彼らの身元を守ることができます。

取材で非常に役立つ質問は、「誰がこの情報を持っているのか?」です。 多くの場合、情報には複数のゲートキーパーがいます。
例えば保健省があなたへの文書の提供を拒んだとします。しかし、おそらく別の政府機関でも同じ文書にアクセスできるでしょう。たとえば、WHO、健康問題のNGO団体、この分野を研究している大学の研究者、またはあなたに共感している議会の健康に関する小委員会のメンバーなどです。 検査官というのは内部の情報提供者ですが、機密情報自体に触れる立場にはいないかもしれません。しかし、誰が重要人物であるかを教えてくれることはできるかもしれません。

「ドアオープナー」は影響力を持つ人々のことです。 彼らがあなたに好感をもっているか、あなたの仕事を価値のある仕事であると信じている場合、彼らはあなたを他の人に紹介してくれるでしょう。
「ドアオープナー」は、老練の尊敬されている政治家かもしれないし、ずっと若いけれど上級職で組織や社会グループの中で信頼されている個人かもしれません。コミュニティの昔からいるリーダーが「ドアオープナー」のこともあります。「このジャーナリストは信頼できます。だから、皆さん、この人の話を聞いてやってください」と彼らが言うと、他の人たちは耳を傾けてくれるような人々です。予備調査を行い、このような人たちを探し出し、可能な限り彼らとの関係を育んでください。